安全・環境

私たちのステージは、
人にも環境にもやさしいクリーンファンドリーです。

労働安全衛生への取り組み

全社安全衛生方針

基本方針

KIMURAグループは各種鋳物製品を製造しユーザーに提供しています。これらを製造する中で、「安全なくして生産なし」を基本理念とし、労働災害・疾病防止を図る為の自主的活動を全員参加で推進します。更に従業員の安全と健康を確保する為、常に作業環境の改善・向上に努めます。

行動指針

  1. 安全衛生活動を活性化し、従業員の協力の下に災害“0"から危険“0"へ 挑戦する。
  2. 安全衛生関係法令・社内規則を遵守することを全員に周知し、徹底を図る。
  3. 安全衛生活動をレベルアップする為に、OSHMSを適切に運用し、継続的な工場を図ると共に、次の活動を推進する。
    • 「リスクアセスメント」を推進し、危険有害要因を撲滅する
    • 安全確認を確実なものとする為に、「指差呼称と間」を推進徹底する
    • 「作業手順書」の整備及び現場での指導教育を徹底する
    • 情報の共有化と、安全意識の向上を図る為、「見える化」を推進する
    • 作業環境の改善を図る為、「5S活動」を推進する
    • 「安全確認型システム」構築による、設備の安全化を推進する
コンテンツに基づいたイメージ

安全衛生教育

  • 新入社員教育
  • 3年生,6年生,9年生,12年生研修(集合教育のプログラムに安全衛生教育を組み入れています)
  • 職長教育(法定)
  • 職場異動時教育(過去発生災害についての教育)
コンテンツに基づいたイメージ

健康の保持

腰痛防止体操

毎朝及び交代勤務の始業前に社長以下全従業員で行う『腰痛防止体操』はKIMURAグループオリジナルです。特に重筋作業の多い鋳造工場では効果を発揮しています。

メンタルヘルスケア

  • 定期的なストレスチェックで状態を確認しています。
  • いつでもカウンセラーに相談できる環境を整備しています。
コンテンツに基づいたイメージ
コンテンツに基づいたイメージ

労働災害の防止

リスクアセスメントの実施

2005年からリスクアセスメントの導入を開始し、発生した災害への対策に加えて潜在リスクへの対応へ取り組みを広げてきました。工学的な対策を打つことが難しい事案も、その残留リスクを明確にすることができ、安全意識の向上につながっています。また、毎年リスクアセスメントの好事例発表会を開催し、優秀な改善内容を全社展開しています。

コンテンツに基づいたイメージ

OSHMS労働安全衛生マネジメントシステム認証取得

OSHMSにより、安全衛生をシステム(しくみ)として運用し労働災害“0”へ向けた改善を進めています。

コンテンツに基づいたイメージ
(株)木村鋳造所御前崎工場
コンテンツに基づいたイメージ
(株)木村鋳造所群馬FM工場
コンテンツに基づいたイメージ
(株)木村鋳造所群馬工場

環境管理への取り組み

御前崎工場環境方針

基本方針

御前崎工場はプレス金型用鋳物、工作機械用鋳物及び産業機械用鋳物素材、エネルギー関連用鋳物をフルモールド鋳造法により製造・加工し、ユーザーに供給している。これら、鋳物を製造する活動における環境保全への取り組みを、工場経営の最重要課題のひとつと位置づけ、工場活動のあらゆる面で環境負荷の低減に努めることにより地域社会に貢献する。

行動指針

  1. 当所の事業活動、または製品が環境に与える影響を的確に把握し、技術的・経済的に可能な範囲で環境目的及び目標を設定して、定期的に見直すことにより環境保全活動の継続的な改善、向上に努める。
  2. あらゆる事業活動の領域で汚染の防止と環境負荷の低減に努めるとともに、地域社会との協調を図る。
    1. 農業地域に立地していることを認識し、工場排水の水質悪化やダスト漏れなどの大気汚染を起こさぬよう、維持管理を確実にする。
    2. 廃棄物の発生抑制、省資源、省エネルギー、資源の再利用に努める。
    3. 運送の効率化を図り、工場外の環境汚染防止・天然資源の枯渇防止に努める。
  3. 環境関連法規、条例、協定を遵守する。
  4. 環境方針達成のため全員の力を挙げて環境保全活動を推進する。
  5. 環境教育、工場内広報活動を通じて従業員をはじめとする、当工場で作業に従事する全ての人へ環境方針の周知と環境に関する意識向上に努める。

群馬工場環境方針

基本方針

当社は、プレス金型用鋳物、工作機械用鋳物及び産業機械用鋳物、エネルギー関連商品鋳物素材をフルモールド鋳造法により製造しユーザーに供給している。これら鋳物を製造する活動における環境負荷を最小限にとどめるために、環境目的及び目標を定め、定期的に見直しをして、環境保全活動の継続的な向上を行う。

行動指針

  1. 環境関連の法律、規制、協定を遵守すると共に、環境目的及び目標を設定して、技術的、経済的に可能な限り環境保全並びに環境負荷軽減のための施策を展開して行く。
  2. 当社が行う生産活動により環境に与える影響の中で、特に下記の項目について優先的に活動し、環境保全と汚染防止に取り組む。
    1. 集塵機排風ダクトからのダスト洩れなどの大気汚染を起こさぬよう、監視とメンテナンスを確実に実行する。
    2. 生産設備及び生産活動から発生する各種の騒音について、適切な防音対策を施工する。
    3. 生産設備の効率的な運転及び消灯の徹底により省エネルギーを実行し、また長期的なエネルギーの効率改善を図っていく。
    4. 廃棄物の分別によりリサイクル化を向上する。
    5. 工場廃液の浄化、有害物質の管理を徹底し、環境汚染防止・天然資源の枯渇防止に努める。
  3. 環境教育・工場内広報を通して、従業員及び当工場で作業に従事するすべての人に環境方針及び環境目的・目標を周知徹底すると共に、環境保全の重要性、必要性を理解させ、意識の向上を図る。
  4. 常に関係官庁及び地域住民とのコミュニケーションを図り、地域社会に貢献する。
  5. 環境関連法規、条例、協定を遵守する。

環境マネジメントシステム認証取得

KIMURAグループは、ISO14001を社内展開し、環境保全に取り組んでいます。

コンテンツに基づいたイメージ
E0331(株)木村鋳造所御前崎工場
コンテンツに基づいたイメージ
E0346(株)木村鋳造所群馬工場